縄と矢じり

狩猟採集という生き方で1万年以上の時をつないだ縄文時代の人々。
土器や動物の骨、木や石に美しい文様を刻み、舟を操り山を駆け抜け、儀礼を行ない死者とともに生きた人々の見ていた世界を知りたくて、全国の縄文遺跡を巡る旅をしています。
“一万年続いた平和”という言葉だけでは語りきれない、多様な営みを写真と言葉で伝えていくのが、縄と矢じりの活動です。

JOMON TRAVEL
縄文を旅する

EVENT
トーク&ワークショップ

WORKS
仕事一覧

UP